スポンサーサイト

  • 2017.05.18 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    日本スケート連盟2017-18シーズン ノービス課題(女子・男子の演技時間が同一に)

    • 2017.05.11 Thursday
    • 23:54
    日本スケート連盟の公式サイトで、2017-18シーズンのノービス課題が掲載されました。

    日本スケート連盟
    日本スケート連盟>2017-18シーズン ノービス課題


    日本スケート連盟リザルトサイト>ISU Comm. 国内規程

    ISU コミュニケーションなど(PDF)>国内規定 >2017-2018 日本スケート連盟ノービス課題

    日本スケート連盟リザルトサイト>2017-2018 日本スケート連盟ノービス課題(pdf)
    更新日 2017.05.09

    続きを読む >>

    シングル競技のショートプログラムのジャンプ要素(2016-2017)〔フィギュアスケートの採点〕

    • 2016.12.23 Friday
    • 00:30
    フィギュアスケート・シングルスケーティング競技のショートプログラムでは演技時間(2分40秒 ±10秒)の間に7つの要素をこなす。
    ジャンプが3つ、ステップシークエンスが1つ、スピンが3つ。
    要素を入れる順序は決まりはない。

    ジャンプは(1) 単独のアクセルジャンプ、(2) 単独のジャンプ(ソロジャンプ)、(3) 連続ジャンプ(コンビネーションジャンプ)の3つを行う。
    演技後半に跳んだジャンプは基礎点が1.1倍になる。

    必要とされる要素は、ジュニア・シニア、男子・女子で異なる。
    ISUジャッジング システム「テクニカルパネルハンドブック」で解説される。

    続きを読む >>

    ショートプログラム(SP)の滑走時間(2016-2017改訂)〔フィギュアスケートの採点〕

    • 2016.11.14 Monday
    • 23:34
    ■ショートプログラムの滑走時間(Duration of the Short Program)

    ショートプログラム(SP/Short Program)は、フィギュアスケートの競技で2つ行うプログラムのうち、先に滑る短い演技。
    男子シングル、女子シングル、ペアスケーティングで行います。

    SPの滑走時間が2016-2017シーズンから改訂されました。
    (シニア・ジュニア共通)
    2015-2016シーズンまでは「2分50秒以内」でした。
    2016-2017シーズンからは「2分40秒プラス/マイナス10秒」になりました。
    これにともない、プログラムの中央は1分20秒になりました。
    プログラムの後半に跳んだジャンプは、基礎点(ベースバリュー)が1.1倍になる「後半ボーナス」の対象となります。プロトコル(採点表)ではBaseValueの右に 「×」印が付きます。

    続きを読む >>

    PCS(プログラムコンポーネンツスコア/演技構成点)とは(2016改訂)〔フィギュアスケートの採点〕

    • 2016.10.29 Saturday
    • 00:32
    ■PCS(ピー・シーエス)
    Program Components Score(プログラムコンポーネンツスコア) の略
    直訳は「演技構成の得点」
    日本語では「演技構成点」「芸術点」と呼ばれる。

    フィギュアスケートのプログラム全体を5項目(SS、TR、PE、CO、IN)で評価した得点。
    TES(技術点)以外の演技を評価する。
    5項目を10点満点で採点した合計に、規定の係数をかけて、PCSとTESとのバランスを調整する。
    別名「5 Components(ファイブコンポーネンツ)」。

    ☆PCSの5項目が今季(2016-2017シーズン)から改訂されました。

    ◇PCSの項目(2016-2017シーズンから)
    SS :Skating Skills (スケーティングスキル)スケート技術
    TR :Transitions (トランジション)つなぎ
    PE :Performance (パフォーマンス)演技 ※項目名変更
    CO :Composition(コンポジション)構成 ※項目名変更
    IN :Interpretation of the Music (インタープリテーション)音楽の解釈 ※項目名変更

    PCSの項目の変更内容の詳細は、
    ISU Communication2014(2016.06.27) 参照
    日本スケート連盟リザルトサイト>ISU Comm. 国内規程
    ISUコミュニケーション、ハンドブック(英文・日本語訳)、国内規定など

    続きを読む >>

    WD(Withdrawn)とは/棄権〔フィギュアスケートの採点〕

    • 2015.11.06 Friday
    • 00:20
    「WD」とは棄権、出場取り消しの意。
    Withdrawn(ウィズドローン)の略記。
    Withdrawn は Withdraw(取り下げる、引き下がる、撤退する、出場を取り消す)の過去分詞。
     
    続きを読む >>

    2015-2016シーズンのフィギュアスケート採点ルール/ISUハンドブック・国際スケート連盟

    • 2015.09.30 Wednesday
    • 23:29
    日本スケート連盟の公式サイトにフィギュアスケートの採点の国際ルールをまとめてあります。
    「ISUジャッジングシステム テクニカルパネルハンドブック(ISUハンドブック)」がルールブック。
    「ISUコミュニケーション(Communication1)」はISUの通達文書から、ルールの変更分を掲載。
    国際スケート連盟(ISU)が発表した英文を、日本スケート連盟が日本語訳して公開しています。
    シングル・ペアとアイスダンスに分かれています。

    最新版は日本スケート連盟公式サイトで確認してください。

    Japan Skating Federation Official Results & Data Site
    日本スケート連盟試合結果公式サイト

    ISU通達・国内規程

    ISUジャッジングシステム テクニカルパネルハンドブック
    <2015.08.16掲載> 最新版は上に追加されます。

    続きを読む >>

    フィギュアスケート2014/2015シーズン・世界選手権出場のミニマムスコア/国際スケート連盟

    • 2014.12.10 Wednesday
    • 15:54
    国際スケート連盟(ISU)のフィギュアスケートチャンピオンシップに出場するためのミニマムスコア(最低技術点)。
    2014-2015シーズンは、ISU Communication 1876 に記載。

    ISUチャンピオンシップ(世界選手権、世界ジュニア選手権、欧州選手権、四大陸選手権)とオリンピックに出場するには、その試合のシーズンと直前のシーズンにISUが公認する国際試合で獲得した点数のうち、SP(ショート)とFS(フリー)それぞれのTES(技術要素点)の最高点がそのシーズン規定のミニマムスコアに達しないといけません。
    チャンピオンシップの大会初日の21日前までに獲得する必要があります。
    ミニマムスコアが認められるのはISU公認の国際試合(チャレンジャーシリーズ、国際B級大会を含む)で獲得したスコア。



    続きを読む >>

    2014-2015シーズンのフィギュアスケート国際ルール変更/ISUハンドブック

    • 2014.09.07 Sunday
    • 00:18
    フィギュアスケートでは、オリンピックが終わった次のシーズンは大幅なルール変更が行われます。
    ソチ五輪終了後の2014-2015シーズンは、シングル・ペアの競技プログラムで歌詞を伴うボーカル音楽の使用が許されることが、2012年6月に決定されていました。
    他にもジャンプに関するルール変更が2014年春から夏にかけて国際スケート連盟から「ISUコミュニケーション」を通じて公表されています。

    日本スケート連盟の公式サイトにフィギュアスケートの国際ルールをまとめてあります。
    「ISUジャッジングシステム テクニカルパネルハンドブック(ISUハンドブック)」がルールブック。
    「ISUコミュニケーション」はISUの通達文書から、ルールの変更分を掲載。
    国際スケート連盟(ISU)が発表した英文を、日本スケート連盟が日本語訳して公開しています。
    シングル・ペアとアイスダンスに分かれています。

    最新版は日本スケート連盟公式サイトで確認してください。

    日本スケート連盟
    日本スケート連盟>ISUコミュニケーション/ハンドブックQ&A

    ISUジャッジングシステム テクニカルパネルハンドブック
    <2012.9.13掲載> 最新版は下に追加されます。
    ■ シングル(和訳・修正版) 2012.9.12版(第二版)

    続きを読む >>

    コレオステップとは(ChSt)〔フィギュアスケートの採点〕

    • 2013.11.27 Wednesday
    • 23:30
    ◇コレオステップ(Choreo Step Sequence/ChSt)

    ステップシークエンスの採点上の分類。
    「コレオグラフィック・ステップ・シークエンス(Choreographic Step Sequence)」の略。
    「コリオステップ」とも呼ばれる。

    シニアの男子・女子シングルFSの2本目のステップシークエンスをコレオステップとして採点する。
    常に固定された基礎点(BV)が与えられ、ジャッジによる出来栄点(GOE)のみで評価する。
    このステップ・シークエンスは、氷面を十分に利用したものであればいかなる形状でもよい。レベルにとらわれず個性的なステップが求められる。リンクの使い方が不十分だとノーカウント(無得点)になる場合もある。


    続きを読む >>

    フリースケーティングとは(FS)〔フィギュアスケートの採点〕

    • 2013.11.11 Monday
    • 23:07
    ■フリースケーティング(FS/Free Skating)

    フィギュアスケートの競技で2つ行うプログラムのうち、後に滑る長い演技。
    男子シングル、女子シングル、ペアスケーティングで行う。
    フリー、自由演技、フリープログラム(FP/Free Program)とも言う。

    SP(ショート)の得点とFSの得点の合計で最終順位が決まる。
    合計点が同じ場合は、FSの順位が上の方が上位になる。

    規定の滑走時間以内にエレメンツ(ジャンプ、スピン、ステップシークエンス)を含むプログラムを音楽に合わせて滑る。
    使えるエレメンツの種類と回数はルールで規定されている。

    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    カウンタ

    広告

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM