フィギュアスケート全日本ジュニア選手権・女子出場資格変更(2018年5月)

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 18:32
2018年5月14日、日本スケート連盟公式サイトにて「フィギュアスケートジュニア選手権 女子出場資格変更について」の通達が出ました。

2018-19シーズンより、ジュニア女子選手の選手権大会出場資格が一部変更となります。
全日本ジュニア選手権の予選となるブロック大会に出場するとき、シニアに参加出来る年齢(シーズン初めの7月1日までに15歳になっている)の選手は、ジュニアに参加するにもバッジテスト7級以上を必要とします。
今年該当するのは、1999年7月1日〜2003年6月30日の間に出生した女子選手。

フィギュアスケートジュニア選手権 女子出場資格変更について | 公益財団法人 日本スケート連盟

◆全日本ジュニア参加資格変更について
>ブロックのジュニア女子参加選手の人数が過大で競技運営に支障がある為、ジュニアの出場資格を変更について
>フィギュア委員会決定の変更内容をお知らせいたします。
>内容 シニアに参加出来る年齢の選手はジュニアに参加する場合でも7級以上とする。
>(2018-2019 シーズンより実施する、ブロックの参加締切は8月27日を予定、申込み締切までに参加資格級の合格が必要)



続きを読む >>

ISUグランプリシリーズ滑走順の抽選(2017-2018シーズン変更)〔フィギュアスケート競技関連〕

  • 2017.10.26 Thursday
  • 00:29
フィギュアスケート国際試合「ISUグランプリシリーズ」の滑走順(Starting Order)の決め方が今シーズン(2017-2018シーズン)から変更されました。

昨季(2016-2017シーズン)のショートの滑走順は全員で抽選。

今季(2017-2018シーズン)は、ショートの滑走順はワールドスタンディング(世界ランキング)下位の選手から。
フリーはショートの順位によって上位と下位に分けたグループ内での滑走順を抽選。

2017グランプリシリーズの滑走順の変更については、2017年4月12日に発表された「ISU Communication 2085」に記載されています。
「6. Starting order Short Program/Dance ISU Grand Prix of Figure Skating individual events season 2017/18」参照

大雑把に言うと、昨季の経験に基づいてグランプリシリーズのそれぞれの主催団体やテレビ局からの要望に応えて、グランプリシリーズ6大会のショートプログラム/ショートダンスはワールドスタンディングの逆順に戻す。
ワールドスタンディングポイントがない選手は、リストの一番下にアルファベット順に表示する。
グランプリシリーズのショート以外のフィギュアスケート国際試合の滑走順は、ルール513の規定に準拠。

続きを読む >>

ISUグランプリシリーズ滑走順の抽選(2016-2017シーズン変更)〔フィギュアスケート競技関連〕

  • 2016.10.22 Saturday
  • 01:05
ISUグランプリシリーズの滑走順(Starting Order)の決め方が今シーズン(2016-2017シーズン)から変更されました。

ショートの滑走順は全員で抽選。
フリーはショートの順位によって上位と下位に分けたグループ内での滑走順を抽選。

昨季までのワールドスタンディング(世界ランキング)下位の選手からの滑走順ではないので注意。

フィギュアスケート国際大会での滑走順抽選の決め方については、2016年9月20日に発表された「ISU Communication 2042」(2016年9月9日〜10日の会議で決まったことについて)に記載されています。
「6. Starting Order/Draws Figure Skating」参照

続きを読む >>

アマチュア選手とは〔フィギュアスケート競技関連〕

  • 2016.10.11 Tuesday
  • 23:26
フィギュアスケートでは、オリンピックなど公式試合に出場するトップクラスの現役選手が「アマチュア選手」である。

アマチュア選手の資格は「スケート連盟に選手登録している」こと。
日本のアマチュア選手は各都道府県スケート連盟に所属し、都道府県スケート連盟を統括する日本スケート連盟から国際試合に派遣される。
アマチュアの中で一番上のカテゴリが「シニア(選手権)」、その下の年齢が「ジュニア」、さらに下が「ノービス」。国によってはノービス以下のカテゴリもある。

シニア・ジュニア・ノービスのカテゴリは、年齢とバッジテスト(技能検定)の級数で分けられる。バッジテスト(技能検定)の級数は日本独自のクラス分け。

オリンピックや世界選手権に出場できるのが「シニア」。現在はシーズン開始時に15歳以上でないとシニアの試合に出られない。この年齢制限はISU(国際スケート連盟)によってたびたび変更される。
定年はないが、2シーズンの間に国際試合で取得した技術点(TES)がミニマムスコア(最低技術点)に満たないと、世界選手権など上位の試合に出場する資格がない。

続きを読む >>

アマチュア選手・プロスケーター・大人スケーター〔フィギュアスケート競技関連〕

  • 2016.10.08 Saturday
  • 23:45
一般的なスポーツでは難しい技術を駆使して試合を観客に見せる職業アスリートが「プロ(プロフェッショナル)」で、プロよりレベルが劣るスポーツ愛好者が「アマ(アマチュア)」と呼ばれる。

フィギュアスケートは特殊で、オリンピックなど公式試合に出場するトップクラスの現役選手が「アマチュア選手」で、選手を引退して試合に出ないでアイスショーに出演するスケーターが「プロスケーター」と呼ばれる。

フィギュアスケートの「現役引退」とは、スケート連盟から選手登録を抹消して公式試合に出場しなくなること。

続きを読む >>

バッジテストとは〔フィギュアスケート競技関連〕

  • 2016.09.23 Friday
  • 23:16
バッジテストとは、日本スケート連盟が定める、フィギュアスケートの技能検定。
初級から8級まであります。
テストの実施は各都道府県スケート連盟が管轄します。
合格するとその級のバッジが所持できます。

所持する級によって、出場できる試合のカテゴリの制限があります。
ジュニア選手権に出るにはバッジテスト6級以上が必要。
シニア選手権に出るにはバッジテスト7級以上が必要。
7級があれば全日本選手権に出場できるので、8級までとる人は少ないです。

続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

カウンタ

広告

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM