ショートプログラムとは(SP)〔フィギュアスケートの採点〕

  • 2013.11.06 Wednesday
  • 18:03
■ショートプログラム(SP/Short Program)

フィギュアスケートの競技で2つ行うプログラムのうち、先に滑る短い演技。
男子シングル、女子シングル、ペアスケーティングで行う。
SPの得点とフリー(FS)の得点の合計で最終順位が決まる。

あらかじめ決められた必須要素(エレメンツ)を規定時間以内に滑る。
必須要素の演技順序は任意。

SPの滑走時間2分50秒以内、必須要素7つ(2010/2011シーズンから)。
必須要素の内容はカテゴリー(男子、女子、ペア、シニア・ジュニア)によって違いがある。

昔、競技会で行われたコンパルソリー(規定演技)の比重を抑えるために1972/1973シーズンから導入された。
一時期はオリジナルプログラム(OP/Original Program)、テクニカルプログラム(TP/Technical Program)と呼ばれたこともある。
コンパルソリー(規定演技)は1989/1990シーズンの世界選手権を最後に公式国際試合では廃止された。

《関連記事》
フィギュアスケートの得点(TSS・TES・PCS)〔フィギュアスケートの採点〕


スポンサーサイト

  • 2017.11.18 Saturday
  • 18:03
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック