ステップシークエンスとは(Step sequence)〔フィギュアスケートの技術〕

  • 2013.11.18 Monday
  • 23:44
■ステップシークエンス(Step sequence/StSq)

複数のステップやターンを組み合わせて氷上に図形を描きながら移動するエレメンツ(要素)。
「ステップシークエンス」を略して「ステップ」と言う場合もある。

シニアの男子・女子シングルFSの2本目のステップシークエンスはレベルをつけない「コレオステップ(ChSt)」として採点する。2010/2011シーズンから男子で、2012/2013シーズンから女子も採用。
FS1本目やSPのステップシークエンス(StSq)はレベルB、1〜4のレベル判定される。

ステップとは(Step)〔フィギュアスケートの技術〕〕




《ステップシークエンスの種類》
ストレートラインステップ(SlSt)、
サーキュラーステップ(CiSt)、
サーペンタインステップ(SeSt)

2012/2013シーズンよりプロトコル(採点表)でのステップシークエンス(StSq)の種類の区別がなくなり、「StSq」と表記される。
それ以前は「SlSt、CiSt、SeSt」いずれかで表記した。

◇ストレートラインステップ
(Straight Line Step)
略記号:SlSt
リンクの長辺の端から端まで、直線状に進むステップ。

◇サーキュラーステップ
(Circular Step)
略記号:CiSt
リンクの短辺を直径として、円または楕円を描いて進むステップ。
通常、リンク中央部で行う。

◇サーペンタインステップ
(Serpentine Step)
略記号:SeSt
リンクの長辺の端から端まで、半円を3つつないだS字状に蛇行するステップ。
「サーペンタイン」は蛇のような、曲がりくねったという意味。
軌道が長く時間がかかり疲れやすいため、プログラムに取り入れる選手は少ない。

《関連記事》
ステップとは(Step)〔フィギュアスケートの技術〕〕


スポンサーサイト

  • 2017.05.18 Thursday
  • 23:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック