スポンサーサイト

  • 2017.05.18 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ジャンプとは(Jump)〔フィギュアスケートの技術〕

    • 2014.12.19 Friday
    • 11:32
    ジャンプ(Jump)とは、フィギュアスケートにおける要素(エレメンツ)のひとつ。
    採点中最も配点が大きい要素で、ジャンプの成否が勝敗を分けます。

    要素として採点される「ジャンプ」は、氷上で滑走の勢いを使って跳躍して、空中で回転して片足で着氷するもの。ISU(国際スケート連盟)のルールでは6種類のジャンプが規定されています。

    6種類のジャンプはアクセル(A)、ルッツ(Lz)、フリップ(F)、ループ(Lo)、サルコウ(S)、トゥループ(T)。
    難易度と回転数によって得点が異なります。

    回転しないジャンプや、ISUの規定した6種類以外の跳び方のジャンプは、他のジャンプやステップシークエンスなどの「飾り」として使われます。(バレエジャンプ、ウォーレイなど)

    着氷後続けて2つ目、3つ目のジャンプをつけたものは「コンビネーションジャンプ(連続ジャンプ/コンボ)」と呼びます。

    プログラム中に入れられるジャンプの種類、連続ジャンプの回数などはルールで規定されていて、ルールに抵触すると成功したジャンプでもノーカウント(無得点)になる場合があります。

    《関連記事》
    エレメンツ(要素)とは〔フィギュアスケートの採点〕




    スポンサーサイト

    • 2017.05.18 Thursday
    • 11:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック