イナバウアーとは(Ina Bauer)〔フィギュアスケートの技術〕

  • 2017.01.10 Tuesday
  • 23:44
■イナバウアー(Ina Bauer)
ムーヴズインザフィールド(MIF)の一種。
滑走する足を前後に開き、つま先を180度開いて横方向に滑る技術。
つま先を真横に開いたスプレッドイーグルの位置から足を前後にずらし、片足を曲げて前に出し、反対の片足を伸ばした状態で後ろに引く。
スプレッドイーグルの変形となる足技。

1950年代に活躍した旧西ドイツの女子シングル選手、イナ・バウアー(Ina Bauer)が開発した技術。
彼女が引退後に映画でスケーター役をしたりアメリカのアイスショーに出演して、この技術が広く知られるようになる。

荒川静香さんがトリノ五輪で金メダルを獲った演技の印象で、背中を大きくそらせることを「イナバウアー」と勘違いしている一般人が多いが、背中をそらせる技術は「レイバック」でありイナバウアーとは呼ばない。

フィギュアスケート:技の解説 | 公益財団法人 日本スケート連盟

《関連記事》
ムーヴズインザフィールドとは(MIF)〔フィギュアスケートの技術〕

スプレッドイーグルとは(Spread eagle)/イーグル〔フィギュアスケートの技術〕





スポンサーサイト

  • 2017.05.18 Thursday
  • 23:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック