2020-2021シーズンから4回転ジャンプの基礎点変更、4分の1回転足りないジャンプ「クオーター(q)」新設

  • 2020.05.17 Sunday
  • 23:53
国際スケート連盟(ISU)は2020年5月11日、2020-21年シーズンに適用するフィギュアスケートの新しい採点規定を発表しました。

特に注目する項目は、4回転ジャンプの基礎点でルッツ、フリップ、ループを同じ点数にしたこと。
回転不足について、ちょうど4分の1回転足りないジャンプは、新しくクオーター「q」の記号が付きます。100%の基礎点を与えた上で出来栄え点(GOE)を減点します。




ISU (International Skating Union)
(国際スケート連盟 公式サイト)※英語

ISU Communication No. 2324 (pdfファイル)
ISUコミュニケーション 2324
2020/21シーズンのシングル・ペアの採点基準変更(2020年5月11日)
※クオーター(q)についてはこちら

ISU Communication No. 2323 (pdfファイル)
ISUコミュニケーション 2323
2020/21シーズンのシングル・ペアのジャンプ・スピン基礎点(SOV)(2020年5月13日更新)

Japan Skating Federation Official Results & Data Site(新)
日本スケート連盟試合結果公式サイト
採点についてはフィギュア>データを参照。後日、連盟による日本語訳が掲載されます。

- - - - - - - - - -
◆2020-2021シーズン/シングルジャンプ採点の大きな変更点

◇4回転ジャンプの基礎点変更
ルッツ(4Lz)を0.5点減点し、ループ(4Lo)を0.5点増やし、フリップ(4F)と同じ11点に変更します。トウループ(4T)9.5点、サルコウ(4S)9.7点、アクセル(4A)12.5点は変更なし。

◇3回転ルッツの基礎点変更
ルッツ(3Lz)を0.6点減点し、フリップ(3F)と同じ5.3点に変更します。

◇ジャンプの回転不足に新たな記号「q」
ちょうど4分の1回転足りないジャンプは、2019-2020シーズンまでは「回転不足(アンダーローテッド)」の判定で基礎点が80%になっていたが、2020-2021シーズンからは「クオーター」と呼び100%の基礎点を与えた上で出来栄え点(GOE)を減点する。
・回転不足が4分の1以下……記号なし、基礎点100%でGOEで減点
・回転不足がちょうど4分の1……クオーター「q」、基礎点100%でGOEで減点
・回転不足が4分の1回転超過、2分の1回転未満……アンダーローテッド「<」、基礎点の80%が与えられる
・回転不足が2分の1回転以上……ダウングレード「<<」1回転少ないジャンプの基礎点が与えられる

日本のスポーツニュース記事。

4回転ルッツ、ループの基礎点変更 フリップと同じ11点に―フィギュア:時事ドットコム
2020年05月12日

羽生結弦の対応いかに、4回転基礎点改定3種類統一 - フィギュア : 日刊スポーツ
[2020年5月13日8時39分 ]


4Lz、4F、4Loを同点にしたことについてISU技術委員長の談話。

「難しさは体次第」 4回転の基礎点変更で―フィギュアスケート:時事ドットコム
2020年05月15日
>フィギュアスケートの4回転ジャンプで、ルッツとループの基礎点をフリップと同じ11点にする来季の変更について、国際スケート連盟(ISU)のファビオ・ビアンケッティ技術委員長は「難しさは主にスケーターの体によって決まるので、これら三つの4回転の基礎点を同じにした」と語った。

談話の元記事(ISU公式サイト)はこちら。

ISU updates scale of values and judging guidelines - International Skating Union
ISUが基礎点と採点ガイドラインを改訂(英語)|国際スケート連盟


《関連記事》
フィギュアスケートテレビ放送情報

フィギュアスケート競技会情報

氷上演技会情報(アイスショー情報ブログ)

スポンサーサイト

  • 2020.05.17 Sunday
  • 23:53
  • 0
    • -
    • -
    • -