スピンの種類(基本3種類+代表的な変形)〔フィギュアスケートの技術〕

  • 2013.10.28 Monday
  • 23:23
■スピンの種類(基本3種類+代表的な変形)

◆基本の3種類のスピン
アップライトスピン/シットスピン/キャメルスピン

▽アップライトスピン(USp/Upright Spin)
直立した姿勢で回転するスピン。日本では「スタンドスピン」とも言う。
通常は片足を軸にして回転する。

▽シットスピン(SSp/Sit Spin)
スケーティングレッグを曲げ、しゃがんだ状態で回転するスピン。

▽キャメルスピン(CSp/Camel Spin)
スケーティングレッグを伸ばし、フリーレッグと上体を氷と平行の位置に保ち、T字型になって回転するスピン。
続きを読む >>

スピンとは(Spin)〔フィギュアスケートの技術〕

  • 2013.10.26 Saturday
  • 23:56
■スピン(Spin)

「スピン」とは、片足または両足を軸にして氷上の1箇所にとどまって回転する技術。
多くの選手は左回り(逆時計回り)で回転する。
ポジション(姿勢)の変化、回転数の組み合わせ、スピンの入り方などによってレベルB・1〜4の難易度がつく。
スピンの名称は基本のスピンの種類が最後にくる。レベルを上げる要素がその前に付く。
プログラム中で同じ種類のスピンを行うと、後で行ったスピンがノーカウント(無得点)扱いになる。

 
続きを読む >>

スケーティングレッグ/フリーレッグとは〔フィギュアスケートの技術〕

  • 2013.10.24 Thursday
  • 23:07
◇スケーティングレッグとは
(Skating Leg)
滑走しているときにスケート靴のブレード(刃)が氷面と接している脚。

◇フリーレッグとは
(Free Leg)
片足で滑走しているときに、スケート靴のブレード(刃)が氷面から離れている脚。

JUGEMテーマ:フィギュアスケート
 

ブレード/エッジとは(スケート靴)〔フィギュアスケートの技術〕

  • 2013.10.22 Tuesday
  • 22:57
◇ブレード(blade)とは
スケート靴の下についている金属部分の名称。ブーツの底面にビスで固定され、取り外し可能。氷に接する部分は刃になっている。
フィギュア、スピード、アイスホッケーなど競技によってブレードの形状が大きく異なる。

◇トウピック(toe pick)とは
ブレードのつま先部分。ギザギザになっていて、ジャンプやスピンのときに用いる。
フィギュアスケート用のブレード特有の部分。
アイスホッケーやスピードスケート用のブレードはトウピックがないので氷がつかめず、回転するジャンプは普通はできない。

◇エッジ(edge)とは
ブレードの氷面に接する刃先の部分。よく見ると、U字型の溝がついた二枚刃になっている。

 
続きを読む >>

ジャンプとは〔フィギュアスケートの技術〕

  • 2013.10.18 Friday
  • 23:46
■ジャンプ(Jump)

フィギュアスケート競技でエレメンツ(要素)として採点される「ジャンプ」は、滑走してから片足で踏み切って空中で回転する技術。
回転しないまたは半回転以下の、要素として規定されていないジャンプは、ステップやつなぎの一部とみなされる。

ISU(国際スケート連盟)のルールで規定されているジャンプは6種類。

◇ジャンプの種類(下の方が難易度が高い)
T :Toe Loop (トウループ)
S :Salchow(サルコウ)
Lp :Loop(ループ)
F :Flip(フリップ)
Lz :Lutz(ルッツ)
A :Axel(アクセル)※半回転多い
 
 
続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カウンタ

広告

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM